costume.TV-男装コスプレイヤー向けナベシャツ通販-
弊社ナベシャツをご利用の男装コスプレイヤーさんに、今までどのような方法で胸を潰されてきたのかお聞きしました。 
その一部を紹介したいと思います。参考程度にご覧下さいませ。

ナベシャツ

ナベシャツについての説明はこちらをご覧下さい。
ナベシャツ

腰痛サポーター(コルセット)・ゴムバンド(バリバリ)

素材は伸縮性のある生ゴムや固定圧迫を重視しあまりの伸縮しないものなど、用途によってさまざまです。
通気性が悪いものが多かったのですが、最近はそういった点も改善され通気性の良いメッシュ素材が使われているものも販売されています。
マジックテープで止めるだけなので、締め付け具合を自分で調整することができます。
ただ、胸の上部と背中に不自然な段差ができてしまう上に、 激しい運動をするとズレてくるのがデメリットといえるでしょう。
スポーツ用品店などで購入が可能です。値段は3000〜8000円ぐらいが相場のようです。
(3000円前後のものは生地が厚く、通気性の悪いものが多いかもしれません。)
腰用サポーター

サラシ

晒(さらし)とは真っ白の綿100%の布で、吸水性、耐洗性に富み、昔から肌着や下着に用いられた生地です。
和装の時に女の人が胸をつぶすのに巻いていたこともあり、和装系の衣装の場合この方法で胸を潰されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
手芸用品のお店や、生地を売っているお店に売っています。約30センチ幅、10mくらいで袋にパックされて1000円くらいです。
この布を、延々胸に巻くのですが、伸縮性の全くない布ということもあって、一人で巻くのは結構大変だそうです。
この布にマジックテープをつけたり、安全ピンで留めたり、皆さん色々工夫されているようです。
巻くのが慣れるまでかなり大変。そして動くことによって、だんだんズレ落ちてくるようです。
ダンパなど激しい動きをする方には不向きかもしれません。
サラシ

テーピング(サポートテープ)

スポーツをする人が使うテーピングです。
こちらも、特殊加工により、皮膚や髪の毛にはつかず、テープ同士がしっかりくっつき合うというテープです。
テープを手で切ることが出来るので、簡単に巻けて、巻き直しも手軽に出来ます。
伸縮性、通気性に優れたコットン素材で出来ていて、べたつかずにかぶれにくいそうです。
5~7cm幅のものを使用されている方が多いようです。
胸があまり大きくない人は可能ですが、大きい方には逆に危ないようです。
テーピング一枚で歩いてると、イベントによっては注意されてしまいます。
肌色なので、自然に見えやすいのは確か。
お値段も800円前後とお手頃で、薬局などで購入することが出来ます。

ゴミが出たり、毎回毎回買わなくてはいけない面がデメリットとして挙げられます。
医療用テープ

和装ブラジャー/スポーツブラジャー

着物姿を美しく整えるための補正用下着です。
通常皆さんが着用しているブラジャーは『寄せて・上げる』効果がありますが、
和装ブラジャーはその逆で『胸の膨らみを押さえ平らにする』効果があります。
フロント部分にファスナーが付いていて髪の毛をセットした後でも着用することができます。
素材が綿なので、吸汗性・通気性に優れています。
襟周りがさほど深くないため、衣装によっては見えてしまう場合もあります。
衣装を選ぶ面がデメリットといえるでしょう。

スポーツブラジャーは胸が揺れないように押さえるという機能を備えており、
胸を潰すという観点から見るとあまり効果が期待できませんが、
小さめのサイズを着用して潰しているという方もいらっしゃるようです。
締め付けが足りない!不安!という場合にはさらにガムテープを巻かれている方も。
胸が元々小さい方が着用されていることが多いようです。
和装ブラジャー

ストッキング、スパッツ

ストッキングやスパッツのようなパンツなどの伸縮性のある素材のものを脚の部分を切って腹巻状にして頭からかぶる方法です。
値段もピンからキリまでありますが、安く収まります。(ストッキング500円〜スパッツ1000円くらい)
サラシに比べ、ある程度動いてもズレる心配はあまりないようですが、激しい動きをされる場合はズレる可能性が高いです。
スパッツ

ウエストニッパー/サウナスーツ

本来はお腹に巻き、体のラインを細く見せるダイエット器具として用いられていますが、
この伸縮性を利用して胸を潰す方法です。
ファスナーやフックで止めるものがほとんどで、簡単に着用することができます。
Tシャツやキャミソールの上から巻いて使用します。
発汗作用があるため通気性が悪く、汗っかきの方や湿疹などが出来やすい方には不向きかもしれません。
薬局やスポーツ用品店で購入が可能です。
ウエストニッパー

<余談>
またウエストニッパーの代わりに妊婦さんが使用する腹帯(マタニティーガードル)を代用している方もいらっしゃいました。

ガムテープ

一番メジャーなやり方かもしれません。
100均等で手軽に買えるので、安いキャミソールとガムテープを購入すれば準備OK。
あとは形を作りながら勢いよく巻いていきます。
横に流すように貼るのがベスト。 前開きでもど真ん中が素肌なので結構リアルにみえます。
素肌で巻くのはかなり危険。皮膚がかなり痛みます。(皮が剥がれて出血した例もあります。)
毎回ガムテープでやってると意外とコストがかかります。
ガムテープ

その他男装に欠かせない裏技・アイディアなどございましたら、ご意見・ご感想はこちらまでまでお気軽にお寄せ下さい!
長所・短所なども併せて教えていただけますと幸いです。

Copyright c 2005 コスチュームTVのナベシャツ All Rights Reserved./ASIAN DRUG GROUP